伐採で庭木は倒れない?マンションの安全を守る作業

住民の命を守る~安全に行う伐採作業~

マンションで伐採作業を行う場合、住民の安全を考えて危険がないよう作業することが必要です。業者では細心の注意を払い、作業を安全に行っています。どういった工夫をしているのか聞いてみました。

マンション住民の安全を守って作業を行う


高い庭木を伐採するときマンション側に倒れる危険性はありませんか?
庭木の重心を見極めて伐採を行うため、マンション側に倒すことはありません。また、ロープを使って倒す方向をコントロールするので安全に作業を行なえます。それでも万が一のことを考えて倒れる危険性のある範囲内には人が入らないよう予め避難してもらう必要があります。高すぎる木の場合は倒せる高さになるまである程度短く切った後に切り倒しを行ないます。
庭木を倒すほどのスペースはありませんが大丈夫ですか?
切り倒すスペースがない場所での伐採は、庭木の上部から少しずつ短くしていく方法を選びます。根元から切り倒す場合とは異なり高所作業を行うことになりますが、クレーン車など特殊な器材を使うことで安全に行うことが可能です。切り倒す場合と比べて作業の手間は増えますが、建物や人に庭木が倒れることがないため安心です。切り落とした部分はクレーン車によって吊り下げて下ろします。
クレーン車が通れないような場所でも作業できますか?
クレーン車で作業できないような狭い場所での伐採は、職人が直接木に登って作業を行ないます。命綱をつけて木の上部まで上り、上から少しずつ木を切り落とします。切り落とした部分はロープを使用してゆっくりと地面に下ろすので人や建物に当ててしまう心配はありません。

伐採作業というのは方法を間違えると大きな事故に繋がる危険な作業です。また、マンションに木が倒れてしまった場合の被害も大きくなります。そうした作業も伐採に関する知識や技術をきちんと持った業者なら安全に行ってくれるため安心です。

TOPボタン